読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怒り

見た後にぐったりする映画だと聞いていたから覚悟していたけども、基本的に人間物語が軸でうまいこと誰にもまったく感情移入しない人たちの人間物語だから想像以上にぐったりすることはなかった。けどもあの米兵のやつはさすがに直視できんかったわねー。あれ小説だと未遂らしいんだけど映画だとがっつりというか、というか襲われてる時点で未遂ってなんだよって話なんだけどあそこがこの映画で一番やりきれない部分だったなあ。

原作も前情報もまったく知らなかったから、けっこう終わりの方まで3つの物語は時間軸が違うだけで同一人物なのかと思ってた。ら、ほんとに別人だったのね。よくこんな絶妙に似た俳優たちが集まったものだわ。どれかというとダントツで未来くんが好きですが、おおむねみんな好きな顔だったのが救いでした。