オーバー・フェンス

ファーストインプレッションでゆうあおいのキャラに惹かれるかどうかが映画の分かれ目かなあ。魅力的、という意味での惹かれるじゃなくてもいいんだけど。わたしはゆうあおいのお顔が大変好みなんだけど、久々見たらあれ、この子こんなにしゃくれの子だったっけ…と思ってしまった時点でこのキャラに惹かれていないの確定です。うーんなんでだろう、ちょっと痩せすぎていたからかな。全体的に痛々しかった。もちろん痛々しい役の子なんだけど、それ以上に。どうも男目線で見てしまって、ちょっとよい感じの子だな~と思って家行った子がこんな痛々しい子だったらめんどくせえ以外の感情わかねえよ。そこでがっつりいったジョーオダギリすげえよ。まあ、なんというか、一周まわって雰囲気映画だった。

あと職業訓練校ってあんな刑務所的なところなのかしら。業種によるのかなーもっとまじめにやってる人たちもいる気がするのだけども。あ、ジョーオダギリが呼び出されてキレるとこ~翌朝のくだりがものすごく良かった。最近やわやわしいジョーオダギリしか見てなかったけどそうだよね本来こういう人だよねって感じでとてもよかったです。