読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン

7/14 夜の回を観劇

 

ゴーゴーボーイズと呼ばれるダンサー男娼たちと、それに魅了されて人生狂った男たちとその妻と狂った椅子とそれに取りつかれる美少年のお話。あとは異国のテロとか革命やらを絡めてなんやかんやある話。舞台って意外とあらすじを一番忘れるから一応残しとこう、と思ったんだけど自分で書いててどんな話だかさっぱりわかんないわ。

とりあえず一番残ってる感想は、シアターコクーンの椅子ケツ痛え。こんなに痛かったかな…今回前半話に入って行けなかったのが大きいと思うんだけど、後半ちょっと空気椅子的にケツ浮かしてたしその後2~3日ずっと痛かった。まあケツの話はいいか。お話は、うーん…後半はちゃんとおもしろかったしおーと思うこともたくさんあったんだけど、笑いが少な目だったからかな。あんまり好みではなかった。ミュージカルシーンとかボーイズたちの踊りとかはおおー!とテンションあがるとこは多々あったんだけどね。ちょっと舞台舞台しすぎてたなあ。

役者さんは、今回はとにかく岩井秀人さん!初めての方だったので最後までどなたかわかんなかったんだけど、とにかく出てくるだけで観客がわー!てなった。間合いとかすごくおもしろいの。奇をてらってるわけじゃないのにすごいな。岡田のまーくんは普通に上手な子だなあと思ったよ。とてもケツがきれいです。寺島さんはちょっとはまってなかった気がするけどまあこれは好みなんだろうな。吹越さんはずっとヤギなのに違和感ないのがすげえなと思った。ただの着ぐるみのヤギがずっと舞台にいるのになんの違和感もなかったです。