読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

にのちゃんに新しい映画のお仕事が来ました。ありがたいことです。

 

まあわかりやすく大作って感じのキャスト陣とスタッフだったのであんまり自分好みであることは期待してないんだけど、内容をよくよくみるとさすがにちゃんとおもしろそうだったので安心。一瞬みるとすげえつまんなそうなのがどう転ぶかちょっと不安もありますが。にのちゃんのコメントの「死に物狂いでがんばります!」て表現がすげえめずらしいこと言ってるなーと思って*1近年の過去コメントを探したんだけど全然探せなかった…ネットの世界はどんどん更新されておりますね。なので一応今回のコメントメモとして残しておこう。

 

追記

監督の「死ぬほど練習してもらって、できたらフルショットで調理シーンを撮りたい」てコメントを受けての「死に物狂いで~」だったっぽいかな。やっぱ基本スタンスは期待に応えたい、てとこからぶれてなかった。ついでに近年のコメント追記しとく。

 

ラストレシピ

切る音、焼く音、調理の香り。
それが本当に心地よくその素晴らしい香りに集まったこのキャスト。
本当に嬉しく感謝ととも現場に入れそうです。
とにかく死に物狂いで頑張ります。
宜しくお願いします!

 

ぼっちゃん

楽しみです。なんでしょう? 楽しみなんです。ド派手なエンターテインメント作品ではないかもしれませんが、小説みたいにページをめくる音が聞こえるようなドラマになれば…。頑張ります。

 

赤めだか

今回、こんなに素晴らしいキャストとスタッフそして、この作品に参加させてもらえるなんて、自分はとことんツイてる人間だなと(笑)。でも、運に縋らず、傲らず、真摯に向き合っていきます。

 

母と暮せば

ずっと見てきたおふた方、常に映画のなかにいる人達が目の前に飛び出てきた感覚。ここに座っている意味を自分なりに問い詰めながらいろんなものを吸収したい。

 

プラチナデータ

そう遠くはない未来なんじゃないか、と思わせる原作のすごさ・・・。 その作品に参加できて光栄です。 作品の魅力を余すところなく皆様にお届けできるよう、頑張って参ります。

 

*1:豪華なキャストやスタッフに恥じないようにがんばります!的なコメントが多い気がしたので