読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モヒカン故郷に帰る

見たのはもう2週間前か。この人の作品は絶対見よう!と思ってる数少ない監督さんの1人の作品。相変わらずおもしろいはおもしろかったけど、少し題材にしたテーマが重くてちょっとファンタジーになりきれなかった感はある。でもその分ファンタジーの中にたまに感じられるリアルがものすごくずっしりくる。柄本さんのお母さんには黙っててくれ、心配するから的なとことか忘れていくとことか、ちょっと直視できないリアルさだった。ほんと両親が元気でいるということは幸せなことだなあ。

 

前田のあっちゃんがすごくいい嫁の役だった。こんなにいい嫁現実にいるのかな~ていう適度なおバカな嫁でよかった。前田のあっちゃん特に好きでも嫌いでもないんだけど、今やってるドラマ(毒島~)といいお仕事選びのセンスがすごくいいなあと思う。選ぶ路線がえけびさんではめずらしいような。

 

あとこれ見た人に聞きたいんだけど、結婚式の後半の山場のくだりがめっちゃ空耳アワーだった。レビューでコントっぽいて人はわりといたんだけどあれ空耳アワーだと思うのよね。適当な歌詞つけたらタモリ倶楽部でやってても違和感ないと思う。

 

あと料理はめんつゆ入れときゃだいたいおいしいってのがすげえ名言だった。その通りすぎる。