ト/リ/ッ/ク/劇/場/版 ラ/ス/ト/ス/テ/ー/ジ

全体的には今まで通りの惰性と小ネタで作られているいつも通りのトリックだったけど、ラストがものすごくかっこいい終わり方だった。うっかり泣いてしまった。堤は続ければ続けるほど内容がなくなることで有名な監督なので(自分の中で)こんなかっこいい終わり方するなんて想像つかなかった。伏線をちゃんと説明しないのがよかったなあ。きっと誰もが想像できるようなわかりやすい伏線だけども。このラストを見るために長年見てたんだなあわたしは、と思った。あ、逆か。長年見てたからこそのこのラストなのか。うん、でもどっちでもいい感じ。途中脱落してる人でもドラマちゃんと見てた人は、ちゃんと最後まで見て欲しいなあ。見れてよかった。