読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大/奥/〜/永/遠/〜

再上映。なんでやってるのかしら〜と思ったらもしかしてりんご公開記念かしら…!りんご見る気ないけどこれは見逃してたのでちょうどよかったわ。
普通におもしろかった。ただ、大奥全シリーズ共通して言えることは、原作がすごいおもしろいから映像化もそれなりにおもしろいのだけど、残念ながらそれなりなのよね。わたし綱吉編が一番好きだから余計にかなあ。全部映画(ドラマ)後に原作を見返すのだけど、意外なことにものすごく忠実に映像化してるのよね。今回で言うと最後の2人の絡みの構図まで原作通りだったのだけど(後ろから襲うところ)(きっと誰もが『これがリアルで…』て思ったシーンNo1)、見終わるといろいろすっとばしてんな〜という感想になってしまうのよ。それだけちょっとした情景とかセリフが濃い漫画なんだよな〜ほんとなんで金子監督この原作に手を出したのだろうか。向いてないだろうに。あとやっぱおもしろい漫画て絵があるだけに妄想しやすいというか、個人個人でリアルだか妄想だかわかんなくなってそれを勝手に美化してる傾向があると思うので、やっぱ漫画の映像化てむつかしいなあと思う。オノマチが離婚のイメージが強すぎて(これしか見たことないから)、吉保がいろいろ残念だったなあ。もうちょいクールビューティの冷たい印象の子にしてほしかった。
ああでも宮藤先輩のアホ御台様っぷりすげえよかったわ。客の女子が先輩アップになるたびいちいちクスクスしてたけど(なんの脈絡もなく)、すげえその気持ちわかるわ。演技で落ち着きねえなこいつ…!て思ったこと初めてだわ。わりと役者の先輩はいつもかっこいいという印象を持つのだけど。最後の御台様見せ場のシーンカットされてたから、ただただアホ御台様でさらっとフェードアウトしていったわ。すげえおもしろかったっす(褒め)