横/道/世/之/介

キツツキと雨の監督さんだから見た映画。いや〜すげえおもしろかったわ。今年一番おもしろかった(今年まだ4本目)。長時間映画ということは知ってたので、高良くん長時間耐えられるかしら…って心配だったけど、ぜんぜん耐えられたわ。おもしろかった。おもしろい話って今の離婚もそうだけど、役者の好き嫌いとか超越しちゃうのよね。わたしはこの辺の超越したおもしろさをあらしに求めてるのだけど(映画だけじゃなくて)、世の中むつかしいものだわ。うん、プラデ見た後にこの感想は完全に愚痴なのでやめよう。
吉高のエセお嬢様っぷりすごかったな〜完全に成金お嬢様だった。ぜんぜん良い家柄っぽくないお嬢様っぷり。すげえよ吉高。吉高そこまですごい好き!ってわけじゃないんだけど、なんか見るたびすげえなこの子ってなるわ。すげえ。あと入学式に出会った下品なお友達好きだったな〜って調べたらなんとすげえ若い子だった。しかも車椅子で空飛ぶドラマにも出てる模様だわ。誰だよ。あの自殺しちゃった子かしら…あの時まったく良いと思わなかったのに。あとあやのごうにまた出会ってしまったのだけど(去年から見た映画に何本出てるんだろうあやのごう)、あやのごうのお仕事選ばなさっぷりったら。20そこそこの役者に混じっての大学生役。しかもまた男色役。すげえ似合ってたよ!何年後かの彼氏とシャンパン飲みながら笑ってるあやのごうがいつかのドラマのあの子みたいですごくかっこよかったっす。
いくらでも感動ものに出来そうな話なのに、最後までわかりやすい感動シーンもってこなかったのが好きだった。受け取り方次第で泣く人もいるだろうけど、ぜんぜん泣かせにかかってない。人を思い出す時に、もれなく笑顔になれる人だったってだけですごくすばらしい人生だわ。