3冊目

Pen (ペン) 2013年 3/1号 [雑誌]

Pen (ペン) 2013年 3/1号 [雑誌]

これは完全にジャケ買い。表紙見たときに先生わたしセーラー服が大好きです…!ってテンションになった。正しくはセーラーテープの付いたパーカーだったのだけど、こういうパーカージャケットむしろわたしが欲しいな〜着たいな〜と軽い気持ちで見たらお値段一桁ちがったわディオールオム。*1わたしみたいな庶民が芸能人と同じフィールド上がろうとしてすみません。高級なおべべ着せてもらってるのう。よくお似合いです先生。

インタビューはわりとさらっとしたものだったのだけど、自分が最近ポジティブだということに気づいた的なくだりが、すごいわかるなあと思いながら読んでいた。だいぶ次元は違うだろうけど、わたしもこれ最近すごく思うのよ。同じこと考えてても、根がポジティブかネガティブかでだいぶいろんなことの受け止め方違うのよね。わたし根がネガティブだとフジくんまんまな人間になりかねないので、ポジティブで良かったなあととんと思う。だから二宮くんが、はたから見たらかわいそうな子だなあ〜と思うような一人遊びも、かわいそうだな〜と思いつつ、楽しそうだなあ^^とひそかに思っているよ。


T/V/ガ/イ/ド/P/E/R/S/O/NというTV誌の豪華版みたいな謎の雑誌のインタビューがすごく読みやすくて良かったのだけど、このグラビアはいらない!とわたしのなかのなにかが(というか財布が)主張したので、立ち読みで気になったとこメモ。

・青の炎は昔ながらの現場だった
・役にどっぷりハマるのが怖くて予防線
・自分がプロジェクトの真ん中にいることにいまだに違和感
・ドラフト1位じゃなく、2位で4球団くらいから指名されちゃう立ち位置を目指してる
・ここ2〜3年で監督やスタッフに意見するようになったのは余裕ができてきたから
・昔のやりたかったこと(裏方)を今の仕事に少し反映できる程度の余裕(超要約)
・深夜バラエティーやりたい

なんとなく今までおぼろげにこういう子なんだろうな〜と思わせてたことを、ちゃんと言葉にして残してくれてる気がする29歳冬。よっぽど浅いインタビューとか聞きなれたインタビューじゃない限り、すごくおもしろいわ今回の雑誌祭り。ドラフト1位じゃなくて〜とか本人が言えちゃうんだからすごいよなあ。少し目指してるとこがまわりから求められてるとこと違うのが違和感になるんだろうなあとぼんやり。個人的にはそのまま2位目指しててほしい。うん、わたしがそっちのが好きだから〜。

あと深夜バラエティいい加減やらせたれよって思う。ファンも本人達も求めてるのになんでこんなにうまくいかないのか不思議だわ。つかにーのちゃんドラマもなかなかやんねえし、個人業わりと暇なほうだからほんとバラエティやんねえかな…って2年前くらいから相方と話してるわ^^今のバラエティ状況もあるからだろうけど、本人が一番わかりやすく意欲示してるのバラエティだからやらしてくれてもいいじゃない。でもファンも『深夜』って冠がつかないとバラエティ求めてない(特に個人だと)のよね。それたまにさみしい。

*1:\220,500也