ヘ/ル/タ/ー/ス/ケ/ル/タ/ー

実はエリカ様ちゃんと見たのはじめてだったのだけど、エリカ様すげえせいこちゃんに似てるわ〜。とか言ったらどっちにも失礼なのかしら。丸いほっぺとほうれい線のあたりが。だからずっとしてたパリコレモデルみたいなメイクとか衣装より、メルヘンなカンカン帽かぶってお花に囲まれてるほうが似合ってたわね。ほんと自分の好きな世界観似合わない人にも押し付ける監督だわね^^そして意外と旧人類体型だったので、超新人類の希子嬢と並べるのは勘弁してあげて…!って思った。あの辺ほんとかわいそうだったわ。
お話はだいたい想像通り。とても痛い世界。そして最後の希子嬢の言葉にとてもうなずきだわ〜『なんであんなに執着するのかわからない』的な(もううろおぼえ)。なんだったっけなあ…こう、感情が揺れる子ほど強い…みたいなこと言ってた漫画思い出したわ。というか妹も言ってたけど見た目変えて変わろうと思えるのがすでに強いわよね。それでぼろぼろになったとしても、結局強いんだと思う。そういう意味では結局見た目ってあんま関係ないのかなあ…見た目変えたって変われない人は変われないもの。そして総合的にはしのぶが一番不気味だったわ^^あやのくんの低俗なダメ男っぷりがとてもよかったわ〜あと新井さんと桃井さんの会話がとても達観していてずっと聞いていたかった。なんかありがたかった。あと南朋さんはいつのまにあんなに薄気味悪い人になったのかしら。けっこう話の軸的な役割だったのに終始うさんくさかったわ。あれでいいのかしら。あと噂には聞いてたけど渋谷のポッキーな…たぶん丸々30秒バージョンはあったわね。しかもバックミュージックはクラシック大音量。CMよりシュールになっていたわ…これをけっこう長いこと見せられるつらさ。自分的にはあそこで終わりでよかった(話的にも精神的にも)。