3連休(いったとこ)


にっさんのポスター

こんだけでかいあらしさんのお顔見るの初めてだからものすごく近寄ってみた。ばっくり南くん状態^^それにしてもほんとにCMってイメージ商売なんだなあ…言い方悪いけど前科ある子2人もいて免許ない子もいるグループによくCMきたなあ。しかもみんな絶対国産車じゃねえだろうに。うん、安全運転でがんばってください。



エ/ル/ミ/タ/ー/ジ/ュ/美/術/館
これ行ったがためにスフレに間に合わんかった…!まあわたしが行こっか〜つったんだけどさ。お気軽に行けるほど空いてなかった美術館で順番待ちしたの初めてだぞ。さとし効果すげえ…!って一瞬思ったけどけっこうおばさまグループとかカップルが多かったなあ。うちの母とかもそうだけど、おばさまって美術館好きよね。ぜったいそんな芸術に興味ないだろうに^^主婦のちょうど良い範囲の道楽なんだろうな〜わたしもそんな主婦になりたい。
美術館とか博物館とかわりと好きな方だと思うのだけど、絵画はけっこうむつかしい部類よね。なんというか…わからない人にはとことんわからないものというか、花道がジャンプシュートマスターした後に流川のシュートを初めてすごいと感じたのと同じ原理で(まどろっこしい例えですまん)、ちょっとかじらないとわかりにくい芸術。自分の中では芝居で言うと歌舞伎的な位置づけ。好みの画家がいるなら別だけど、こういうばっくり芸術品集めました!みたいな世界だとほんとわからん世界だったわ〜もれなく子供(天使)の目が完全にいっちゃってるな〜とか、だんだん女子の裸体がスリムというかマネキンみたいになってきたな〜とか、20世紀になにがおきたんだろう(急にゆるい世界)とか、自分のサイン目立つとこにいれる人いらっとする〜とか、こんな見方しか出来ない子に見られてもうれしくないだろうな主催者^^ル/ー/ベ/ン/スとかみたいに誰が見ても緻密な絵とか、点描とか技術的にたいへんそうな絵は純粋にすごいな〜と思うのだけど、ほんと20世紀が謎すぎた…もう絵画というよりアートの域よね。筆よりPC持たせたほうがやりたいことやれそうよね、ピカソとか。それを筆でやるってのが斬新だったのかしら。
うん、芸術って、知識があればまた見方違うんだろうけど、おおむねいかにその世界に酔えるか、そんでその世界がわかっている自分に酔えるか^^が重要だよなあ。わたし昔そういうタイプだったような気がするのだけど、わかる人にしかわからない世界にどんどん興味がなくなっていってしまったわ。わかりやすいものをわかりやすく(しかもおもしろく)表現できる人にあこがれる。でもアイドルの世界もばっくりわかる人にしかわからない世界よね…確実に自分には酔ってねえけど。約4年間ドン引きっぱなし。



アリアケ


突然行ったからぜんぜん下調べしてかなかったけど、ぱっと見ですげえアリアケだった。今なんなんだろうなあここ。お店はもちろんやってないだろうし、人も住んでる気配もないけど、けっこうまんま保存してある。そして自分の中で1番に思い浮かんだシーンが、サギが木の板のとこに札束しきつめたアリアケだった^^ここに札束挟めるじゃん!みたいな妙なテンションになった。なかしまみかりん、別に好きじゃねえけどサギは大好きだなあ。




あと、かしさんが傘でゴルフの練習してたじゃりのとこがほんとにお店の隣にあってだいぶテンションあがった。ほんとにちゃんとここでロケしてたのね〜最終回だけ確認したら、務所帰りに歩いてきた道もちゃんとここだった(当たり前)。そろそろ流星が見たくなる時期だなあ。