読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都2

tabi cake photo food

早起きしたらTVの中に源くんがいて朝ごはんの時間をあたりまえのようにずらした朝。京都2日目〜。



カフェりに京都市役所周辺に行ったらフェス的なものがやっている。




そこにいた謎のキャラおりんちゃん。頭をたたくとほんとにチリンチリン音がなる。まあこの子は百歩譲っていいとして、まわりの大人たちのごり押しっぷりがすごかった。道行く人に無理やり写真撮らせたり「おりんちゃん笑って!」等の無茶ブリしたり、おりんちゃんの歌もあって、ふとんたたきとはたきを叩いて盛り上げていた。おりんちゃん逃げ出さないでがんばって…!と心の中で応援。





ス/マ/ー/ト/珈/琲



お友達とホットケーキとフレンチトーストを半分ずっこ。ホットケーキ久々にノーマルの食べた気がする〜そしてやっぱノーマルのがうまいきがする〜。フレンチトーストもふわふわでおいしかった。フレンチトースト作りたいんだけど食べるタイミングがないんだよね〜的なプチ悩み相談したり、フレンチトースト雑につくるあいばくんにときめいたり仮面舞踏会みたり。





角/屋/も/て/な/し/の/文/化/美/術/館

江戸時代から唯一残っている料亭的な建物。とにかく遊郭とはちがうよ!って説明を長々された^^あくまでも料亭。建物がいかにもって感じの時代劇の世界。




入り口にある刀置き。ここでいったん預かって、タンスに入れて保管するらしい。刀…置くのね。なんとなくずっと肌身離さずのイメージだった。酒飲んでる時とか一番無防備な時じゃねえか。





八木亭が近くにあるらしく、新撰組御用達だったらしい。で、この床の間の前に当時の局長だった芹沢さんと近藤さんが座っていたらしい。芹沢はここの帰り道に暗殺されたとか…!一気に新撰組みたくなる。前半の記憶ほぼ飛んでるのよね。まあ後半も覚えてないんだけど。



ここの廊下がバカ殿に出てくる廊下みたいでわーとなる。バカ殿では横に厠があるのよね^^



雪はただーしずーかにー



白っぽくなってるとこに『新撰組の刀傷』とあったので、ここでなにが…!と思って聞いてみたら、ただ単に組員が酔っぱらってつけた傷だとか^^どうりでなんも説明書いてないわけだ。つか酔っぱらってんのに刀振り回してんじゃねえよ…!なんて怖い時代。

そうそう、一組ずつ案内役が付いて丁寧に説明してくれて、まさにもてなしの美術館という感じだった。全然人いなかったけどいいとこだったなあ。





東/福/寺

去年日本中がナーバスになってるときに作られた謎のCM*1でさとちゃんが行ってたとこ。見上げたら緑の真ん中に橋的な廊下があってわーとテンションあがる。そういや京都来てるのに寺見るのここが初めてだったような。


一個上の写真の逆サイ。すごく離れて見えるけどそんなに上った記憶も歩いた記憶もないのよね。いつのまにか上に来てた感じ。




さとちゃんが歩いた廊下。さとし風に歩いたりして遊ぶ。ここすっごく気持ち良い。あんまり暑い日じゃなかったけど、風がそよそよと気持ちがよいし、



周り見渡しても緑と川しかないのがいんだよなあ。The・たそがれ。



瓦の先の丸っこいとこがいちいち『東/福/寺』って書いてあってかわゆし。まんじゅうみたい。



寺の庭はこんな感じ。この辺のどっかで(ぼんやり)さとちゃんがにゃーしてるはず。写真にしたらきれいに見えるけど、実際はそうでもなかった^^東/福/寺は廊下がすべてだったなあ。



六/曜/社


ドーナツがなんと120円!某チェーン店より安いじゃないか。ここはほんとにレトロ喫茶って感じだった。おっさんとかが一人で来たりしてんのが良いなあ。店内すごくせまくて、カウンターとテーブル2〜3席くらいしかないのに、店員5〜6人もいたのが実は気になっていた。単価も安いのにやっていけてるのかしら…。


で、写真残ってないけど最後に恵/文/社に行って、おみやげ買う。おもしろげな本いっぱいありそうだったので見たかったけどとにかく時間がなかった。時間ないから大人の手段タクシー使ったらいろいろ揉めてちょっぴり大変だった☆そして今福だるま買ってくるの忘れた…!と思い出した。あれ見た目もだけど味も好きなのに。まあいいやまたいこう。まだ行けてないとこいっぱいあるし!

*1:観光なんとか…まねきねこのやつ