おやしらず

生まれて初めておやしらずを抜く。歯医者さんの言ったとおり、ほんとうに簡単に抜けた。つかいつ抜いたのかも正直わかんなかった麻酔すげえ。触られてる感覚はあるからほんとうに大丈夫なのかしら…って疑ってる間に抜いてた。ごめん麻酔疑って。その後じゃあ縫いますね〜つって糸の感触かんじてるほうがとても怖かった。抜歯って縫うのね。ちょっとした手術じゃないすか。

いまのところ耐えられない痛みでもないし、出血もそんなにないし顔も腫れないからやっぱだいぶ正常に生えてたおやしらずだったのね。レントゲン撮ったら、その下のおやしらずが完全に真横から生えててあれ抜くのはだいぶ大変だろうな〜と他人事のように思う。抜く状況にならないと良いけど。

あっあとレントゲン撮るのが何気に大変だった。こう、棒みたいのを噛んで、上の前歯と下の前歯をくぼみのところに合わせないといけないのだけど、これがなかなか合わなくて、お姉さんに誘導されながら何度もやり直ししてたのだけど、なんで合わないんだろ〜とぼんやり思ってたら、あっわたし出っ歯だからだ〜と思ったのとたぶんお姉さんが気づいたのがおんなじくらいのタイミングで、「あっとりあえず下だけあってればいいです」って急にあわあわさせてしまった。いや別にいいのに〜と思って申し訳ない気持ちになる。こういうの他人のほうがあわあわしちゃうわよね。