源/氏/物/語/千/年/の/謎

昔あまみさんがやってたときに、この原作を映像化するのはあまりにもむずかしいなあと思った記憶があるのであんまり期待してなかったのだけど、案外おもしろかった。紫の上までいかないなんて斬新。その分六条さんががんばっておった。これ賛否両論だろうな〜途中『あれ…わたしが見に来たの陰陽師だったかしら…』と勘違いしたもの。窪塚くん久々に見たけど変わってないなあ。
それにしても平安の世界観が好きすぎる。なんか狐のお面持っていきなり踊ったりとかたまらんです(東先輩)。もっと出会い頭に歌詠んだりしてほしかった。最後のとーまくんの舞が、ずっと袖が気になってる人にしか見えなくて思いのほかすげー笑ってしまった。なんだったんだろあれ。だいぶきれいな女性陣出てたのだけど、誰一人髪型似合ってないのが意外だった。姫髪って江戸の島田とかより案外むずかしいのかしら。
とーまくん濡れ場がんばってたけども(比べる基準:大奥)、冒頭の東先輩のが1番エロかった。なんというか、濃い。顔は薄いのに。しかしこの時代に強/姦/罪あったら貴族犯罪者ばっかだな。