読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んだ本

book



あらし学校がトトロらしいよ…!というメールが届いて、ドームにいったらアリーナがもののけの森になっててあきれる…という夢をみた。いやそれ全力でおもしろいよ!なんで夢の中であきれたんだ自分。




黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)

こんなん読んでっから鬱々した気分になんだよー!みたいなお話。ホラーなのかあ。犯人側がここまでイカれた化け物だとかえっていさぎよい。

これいつごろの小説かしら。お話の中での保険のお仕事がまだパソコン使ってる時代じゃなかったのがすこし衝撃。わたしがバイトしだしたころから管理という点ではパソコン使ってない企業なかったから、この時代の仕事ってどんなんだったんかしらーとすこし興味ある。今の感覚でやったら無駄な労力と無駄な人手が多すぎていらいらしちゃうんだろうなあ。

なんとなく21世紀って、21エモンの世界みたいに見た目から近代的になると小さいころぼんやり思ってたけど、子供のころから比べたらすげえ世界になっててたまにびびる。たとえば最近ベイストをボイスメモ(@タッチ)に録音してんだけど、これをアイチュンに落としたいな〜と思って検索したら簡単にやり方でてくんのね。やりたいな〜と思ったことがひとつの箱で簡単に調べられる&たいていやりたいと思ったことできるって改めて考えるとすげーな!といまさら思う。あとお友達の子供がことごとく携帯とかパソコンとか当たり前のようにいじってるのが最初すげー衝撃だった。あんなちっちゃいころから便利な機械知ってんだなー。ってぜんぜん本の感想じゃねえ。





バクマン。 13 (ジャンプコミックス)

バクマン。 13 (ジャンプコミックス)

恋愛少年マンガの定義っていうんですか。そのあたりがすげーおもしろかった。たしかに恋愛をメインにした少年マンガってないなー。まあ主人公が鬱々と恋愛で悩んでる少年マンガみたいかって言われるとみたくない。少年マンガはぐだぐだと付き合うか付き合わないかくらいの距離感で最終回に告白!両思いってぜってーわかってんのにいまさらかよ!みたいなじれったい感じ(でもそれメインではない)みたいなのがいいですね。

そういやこないだお友達とワンピースの話してて、「エースのくだりわかんねー。なんかいきなり出てきた感あるよねエースって。あんまでなかったくせに身内だからって急に主役級の扱い!んで回想なげえ」つったら「男みたいな感想持つね〜」といわれた。いやどちらかというと女っぽい感想なきがすんだけど。