読んだ本



ニノ国をじっくりやろうと思ってる矢先に予約してた本がどかどか届く。しかも下巻先届いちゃったから、しまった予約しなおさなきゃ・・・って思った1週間後に上巻も届く。下巻読む隙ねえ!ので久々に移動中以外にホンキ出して読むことに。欲しい技術=速読。




あるキング

あるキング

あとがきで『今までの自分の作品っぽくない』みたいなこといってたけど、そんなかんじ。野球の知識ゼロなのでいろいろよくわからんかった。途中なぜか白夜行みたいだなあって思った。1人の人生追ってる感じがかなあ。





悪の教典 上

悪の教典 上


悪の教典 下

悪の教典 下

上巻の表紙がかわいい。まっ黄色に毒々しいカラス。あ、そういやカラスが付箋になってんのかしら・・・って思ったけど、そうでもなかった気が。最初にハスミンを異常者と思わせるだけのものだったのかしら。お話はまあ、おもしろいって言いにくい系のお話だけど、おもしろい。主人公に感情がないとバサバサ殺人していくのも重くなりすぎずむしろすがすがしい。後半の皆殺しじゃー!的なとこがちょっとなあ・・・せっかく頭いい人だからここに繋げるより脳フル活用系のお話が読みたかった気が。しかしちょっと邪魔だからってすぐ殺人に結びつく脳内の構造がすげえなあ。感情ないってこういうことか。

じゅんこ先生、さとこ先生、生徒の翔くん、弁護士のなるせ先生・・・は偶然かしら。