まんが




バクマン。 11 (ジャンプコミックス)

バクマン。 11 (ジャンプコミックス)

相変わらずおもしろい。やってることは漫画なんだけど、ベースが正統派バトル漫画なんだよなあ。主人公がどんどん強くなってって、ライバルがいつのまにか味方に、時にはよいライバルに、みたいな。悪キャラがいい奴って図式もバトル漫画。岩瀬があんないいやつになると思わんかった。





主に泣いてます(2) (モーニング KC)

主に泣いてます(2) (モーニング KC)

冒頭村/上/春/樹ネタがタイムリーすぎて大爆笑。そっかーはるきはこういう世界なのね。昔小説読み始めたころ、お友達に読みやすいからって進められた本が江/國&はるきだったのだけど、世界観も似てるよなあこの2人。なんとなくで書いてます。江/國さんって女子にすげー人気あった気がするけど、いくつか小説読んだ時、『ボリューム』のことを『ボリウム』って書いてんのがすげー気になって。ボリュームだろそこは。何語なんだろボリウムって。それが気になりすぎてぜんぜん入れなかった。誰に言っても気にしてなかったけど。なんか休みの日はカフェで葉っぱ飯食ってボサノバとか聞きながらヴォーグ読んでゆっくりすごします!的な女子が読む小説よね。そういう女子好きだけど。「さすがおしゃれだね〜」ってからかうのが好き。意外と冗談通じるのよね。素で天然っ子が多いから。そういや進めてくれた女子そういうタイプだった。だいぶ話がそれたな。はるきの話だった。はるきはあんま本も読んだことない・・・というか全部忘れてんだけど、江/國さんと同じく冗談に出来ない世界よね。つっこみたくてもつっこめないもどかしい感じ。冗談通じないってなにかとつらいよねーっ・・・てはるきの話でもないんだった。えーと、つねちゃんがだいぶ好きです。