今年最後

あいばくん見てると、モテって勘違いさせてなんぼだなあと思う。あんなメール来たらあれ、わたしら付き合ってたっけなあ・・・って勘違いしちゃうじゃん。しかし宣伝以外のメール久々でジーンときた。

今年最後の映画はノ/ル/ウ/ェ/イ/の/森。

開始30分くらいで、ああ間違ってしまった・・・と思った。こりゃかなり入り込まないとまともに見れない部類の映画だなあ。うっかり松ケン予習で見る映画じゃなかった。小説10年くらい前に読んだので、『病的でエロい小説』って印象しかなかったんだけど、映画もそんな感じだった。こういっちゃうと元も子もないんだろうけど、ちょっときれいに撮ったエ/ロ/ビ/デ/オみたいだった。すいませんほんと。ここでもか!そこでもか!こいつともか!みたいなとこ満載だったんだもん。で、ここでくる?ここも?って時に裏切らない感じ。すいませんほんと。あと松ケンのセリフがいちいちポエム調でおもしろかった。水/原/希/子ちゃんって子が初見だったけどかわいかったなあ。相葉くん好きそう(ビビアン似だったから)。