読んだ本



本を読むのは、通勤中の暇つぶしが主な理由。ただ何に対しても興味関心が狭くて、好きなものばかり執着する性格のわたしにとって、本や映画はジャンルを狭めずに見れる貴重なもの。通勤中に本を読んだり、映画を見たりしてる時は基本そのことしか考えてない。なのでそこで好きなものの興味の幅を広げるものでもある。ただ、そこに勉強しよう!とか、吸収しよう!っていう気がまったくないので、興味がなかったものに関してはびっくりするほど右から左だったりする。ひどいくらい身になっていない。




百瀬、こっちを向いて。

百瀬、こっちを向いて。

そんなわけで、このお話タイトル見たことあんなーって思いながら借りて、以前読んでたことすっかり忘れてた。でも、改めてみたらけっこう好きなお話だったんだよなあ。山本文緒さんのような精神いかれてる的なじっとりした恋愛小説も好きだけど、軽いどんでん返しというか、こういうあっさりした短編的なものも好き。暇つぶしにはもってこいなお話。






ボトルネック (新潮文庫)

ボトルネック (新潮文庫)

読みやすいお話ではあったけど、うーん、うーん、どうも伝えたいメッセージがわたしはマイナスのイメージしか受けとれなくてへこむ。結局何がいいたいんだろうか。それを読み解くのが楽しいとこなんだろうか。でも読み解かなきゃいけない時点で違う気がする。