付き合うまでが異様に長いすばらしき漫画




星の瞳のシルエット 1 (集英社文庫―コミック版)

星の瞳のシルエット 1 (集英社文庫―コミック版)

付き合ったら話が終わる、友人と同じ人を好きになる、好きな人の友人に好きになられる、その人は自分の友人の好きな人、という少女マンガの王道がつまった作品。わたしが初めて買った漫画。小学生の当時はもちろん主役の香澄ちゃんを応援してたんだけど、今みると香澄ちゃんの秘密主義っぷりにいらいらするぞ。真理子のが分かりやすくてよい。でもこれすげー好きなんだ。今でもたまに見返すんだ。古きよき少女マンガの原点。そしてわたしはりぼんっ子だったから、この時代のりぼんはハンサムな彼女しかり、ときめきトゥナイト(2部まで)しかり、天ないしかり、無敵のヴィーナス(なつかしい!)しかり、こどちゃしかり、どれも今は激減した少女マンガのよさがつまってて全部好き。




めぞん一刻 (1) (小学館文庫)

めぞん一刻 (1) (小学館文庫)

つきあうまでの長さはわたしが知ってるかぎりこれが1番。けっこう大人になってから読んだ作品だけど、ごだいくんを選んだきょうこさんはすげーと思う。やだよあんな男っていっぱい思うけど、やっぱり男はやさしさなんかねぇ・・・って結局思ったりする作品です。付き合うまでなげぇ!→結婚&子供一瞬!!ってきちんと最後まで話終わらす(超高速)とこが好き。




君に届け 11 (マーガレットコミックス)

君に届け 11 (マーガレットコミックス)

新刊でてた!風早くんの少女マンガの住人っぷりに毎度おどろかされるよ。初デートプラネタリウムって!まんま星の瞳↑と一緒やないか!寝っ転がってあんなに赤面してたのに、さわこが転びそうになってとっさに支えたしたり顔にわたしひっくりかえったよ。風早はんぱねぇ。この作品って、昔ながらの少女マンガ展開にきゅん!っていうのが売りなんだよね?じゃあなんでまだ続いてるのー?付き合いだしたら終わりじゃないのー?さわこ風早の初きっすや初ピーやらもやるつもりなんやろか。あんまり馴れ合った2人は見たくないなー。でも続く限り買うんだけどさ。