読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は。

movie

話題作をとりあえず見てみる気ままな独身OLです。ほんとにただ話題ってだけで見に行ったので、アニメ映画自体もものすごく久しぶりだし話題にならなかったら絶対見てないタイプの映画だなあと思った。

うん、話題になるだけあって普通におもしろかった。でもラストシーンみてあっこれ一歩間違うとただの壮大なナンパ映画だな…とか思っちゃうおばちゃん(=わたし)は見なくてもいい作品だなあと同時に思いました。これほんとフレッシュな人が見たらすごくいい映画だなあと思うので若者のカップルとかはぜひ見に行ったら良いと思う。若いって素晴らしい。アニメの特性なのか青春映画の特性なのかわからんけどいろいろ困難はあったけどことごとく良い方向に転がって行く安心感すごくあった。生ぬるいハッピーな展開はわたしは嫌いじゃないよ。

しかしこれ、ただのよくある夏の青春アニメ映画じゃないのかなあと思ったのだけど、たぶん彗星のくだりが食いつかれている要因かな。あと見終わってから解説だのなんだのいろいろ読んでたら確かにすごくおもしろい。ベースが恋愛青春映画にコーティングされてるから印象がどうにもそっちになってしまうのよね。この辺りの感想とか踏まえて2度目を見てみるとおもしろいかも。

movies.yahoo.co.jp

2016氷④と日光

ice tabi

氷を求めて日帰り日光へ。正しくは下今市。結局日光にはたどり着かなかったです。

 

f:id:nekomcr:20160906204956j:plain

f:id:nekomcr:20160906205011j:plain

松/月/氷/室 たぶん夏みかんだったような…なんかの柑橘系

とりあえずここしか目的地決めてなかったので1番に向かう。雨なので週末のわりには空いていた模様。味は特段感動!というわけではなく普通においしい。写真のカップはヨーグルトなんだけど、この氷にヨーグルトは合わなくて、なおかつ2つのカップともまったく同じヨーグルトだった、というのが少し謎です。

というのもここのオーナー?のおっさんとお客さんが並んでるときにものすごく揉めててね…おっさんが客に対して文句あるなら帰れ!くらいの勢いだったので、ちょっとここでおいしい氷食べたい欲がだいぶしぼんでしまった。うまい氷食えりゃいいってもんじゃなくて、氷を食べるシチュエーションも大事なんだよー。

 

 

f:id:nekomcr:20160906210209j:plain

f:id:nekomcr:20160906210202j:plain

日光珈琲 玉藻小路のカフェオーレ

というわけで二件目はシチュエーションを大事にしたお店へ。この辺り路地入った時点でものすごくおしゃれだった。古民家を改装したいかにもおしゃれなカフェ。良くも悪くもおしゃれカフェだな~と思うポインツはいくつかあったものの、なにはともあれおしゃれだというのが一番のいいところ。古民家カフェ行くと古民家改装して住んだら素敵だな~と気軽に思うけど、虫出放題だなあと思うと一瞬でやっぱ現代建築に住もう、と思います。

あ、肝心な氷はものすごくおいしい!珈琲屋さんだからカフェオレを頼んだのが正解だったかしら。珈琲自体がわりかし苦めだから、練乳とバニラアイスが全然甘すぎず大人の味。氷は徳次郎らしい。徳次郎久々に食べたけど、天然氷の中では一番ふわふわ系かも。削り方も規定があるのか、徳次郎はこのやすりで削ったみたいな形になるわね。

 

 

f:id:nekomcr:20160906211236j:plain

で、このカフェでかわいい日光手ぬぐいを発見して、聞いたら前の手ぬぐい屋さんで売っているというので買いに。手ぬぐいって好きなんだけど、意外と使い道がなくて買ってもな~みたいな話をしていたら、店員さんにすべて聞かれていていろいろ活用法を教えてもらう。すごい目からうろこだったのは、洗面所やトイレの手拭用にかけておく、ということ。ものすごく盲点だった。そこは長年タオルが当然のように陣取ってますよ!手ぬぐいって手をぬぐうためにあるんじゃないか!しかも掛けとくと柄が見えてかわいいし消耗品だからいくらあってもいいしなんで今まで気づかなかったんだろう!ということで即購入。ついでにご当地手ぬぐいがとてもかわいいので集めようかなあと思っているところ。

あと、この手ぬぐいの左上に我らが二宮金次郎がいるのですが、日光は尊徳様終焉の地らしく、神社・お墓が下今市にあったのでにのちゃんがお世話になりました、とお参りしてきた。猫がたくさんいるかわいい神社だった。生まれた地にある二宮神社にもまた行こう。

 

f:id:nekomcr:20160906212145j:plain

しもさか茶店 とちおとめ

3件目は手ぬぐいやのおねえさんに紹介してもらったところ。ここは氷が三ツ星氷室らしく、うまいこと全部種類の違う氷が食べられた。正直ほとんどの氷だいたいおいしいと思うので氷自体の味の違いはわからないんだけど、ここは氷がすごくおいしく感じた。いちごはジャム形式のやつで、おいしいんだけど後半しつこくなるのはわたしがあんまりいちごが得意じゃないからです。一口目はおいしいんだけどな~。

 

2016氷③

ice

f:id:nekomcr:20160830202407j:plain

雪みるくのグレープフルーツ

また六本木のかき氷コレクションにて。今年は柑橘系の氷を意外と食べてないな~と思ってのセレクトだけど、そこまで暑くない陽気にもかかわらずものすごく溶けやすい氷だった。のわりには少し頭も痛くなるし口の中が冷たくなりすぎた。調べたら天然氷だったし今年わりとこう思うことが多いので、今年の氷の出来なのかわたしが単につめたいものが弱くなったのか。恐らく後者。汚い話、次の日ピンクグレープフルーツまんま出てきてびびりました。わたし1年で何回お腹壊すんだろうな…最近直ってる時期のが少ない気がするような。

 

f:id:nekomcr:20160830202400j:plain

木と水と土と 桃

気乗りしない飲み会の前に行ったお店。すごく雰囲気の良く人もまばらですごしやすく(時間帯もあるかもだが)、なおかつかき氷もあるとても良いお店だった。氷もおいしいしさっぱり。でもものすごくでかい。これ写真では全然伝わらないのだけど、想像の2倍はあると思ってください。真夏に震えて食べれなくなるほどの量です。

 

f:id:nekomcr:20160830202416j:plain

比べるものが手しかなかったのだけど、比べたらなぜかお皿が小さく見える罠。この写真で想像する3倍の大きさがあると思って頂いたら正しいです。

 

シ ン ・ ゴ ジ ラ

movie

ネットですごく話題になってたので、エヴァゴジラも怪獣映画も見たことのないいい歳の女が還暦すぎてる両親と共に見てきましたよ。

 

続きを読む

2016氷②

f:id:nekomcr:20160801203158j:plain

あんどりゅ。のてらみす。

毎年行っている六本木のかき氷コレクションにて。正直氷はそんなにこだわってる感じじゃないのかなーというごてごてのトッピングのお店ですが、これめっさうまかった!ティラミスの再現率が今までで食べたなかでダントツだった。あのココアパウダーでむせる感じも(むせた)。クリームが氷と相性抜群だった。シロップもなんかいろんな種類かけてたからこういう氷にありがちなミルクに偏りすぎなくてすごくうまかった。

今回初めて会社帰りに行ったんだけどガラ空きだったのでこれ食べにも一回こよう!和キッチンかんなのブラッドオレンジも食べたいし!と思って今HPみたら両方もう出展終わってたよ…だったら次の約束遅刻してでももう一皿食っとけばよかった…(結局遅刻したけど)。まあ新しいとこも出展してるみたいだからまたいこう。夏だなー。

 

 

ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン

stage

7/14 夜の回を観劇

 

ゴーゴーボーイズと呼ばれるダンサー男娼たちと、それに魅了されて人生狂った男たちとその妻と狂った椅子とそれに取りつかれる美少年のお話。あとは異国のテロとか革命やらを絡めてなんやかんやある話。舞台って意外とあらすじを一番忘れるから一応残しとこう、と思ったんだけど自分で書いててどんな話だかさっぱりわかんないわ。

とりあえず一番残ってる感想は、シアターコクーンの椅子ケツ痛え。こんなに痛かったかな…今回前半話に入って行けなかったのが大きいと思うんだけど、後半ちょっと空気椅子的にケツ浮かしてたしその後2~3日ずっと痛かった。まあケツの話はいいか。お話は、うーん…後半はちゃんとおもしろかったしおーと思うこともたくさんあったんだけど、笑いが少な目だったからかな。あんまり好みではなかった。ミュージカルシーンとかボーイズたちの踊りとかはおおー!とテンションあがるとこは多々あったんだけどね。ちょっと舞台舞台しすぎてたなあ。

役者さんは、今回はとにかく岩井秀人さん!初めての方だったので最後までどなたかわかんなかったんだけど、とにかく出てくるだけで観客がわー!てなった。間合いとかすごくおもしろいの。奇をてらってるわけじゃないのにすごいな。岡田のまーくんは普通に上手な子だなあと思ったよ。とてもケツがきれいです。寺島さんはちょっとはまってなかった気がするけどまあこれは好みなんだろうな。吹越さんはずっとヤギなのに違和感ないのがすげえなと思った。ただの着ぐるみのヤギがずっと舞台にいるのになんの違和感もなかったです。

ヤモリ

memo

にのちゃんのスキャンダルが出た日に家にヤモリが出ました。家の中にです。ヤモリパニックの日々(若干継続中)を記念に記録しとく。

 

続きを読む