かぎ針一週間

いよいよブランケットに取り掛かるために毛糸を大量に買う。あとかぎ針の本をもう一冊。思ったよりがっつりはまっております。

4つのモチーフをカラフルな色で編む構想で、毛糸を10色ほど買う。編み始めて気づいたけど、最初にお試し用に買った毛糸ものすごく編みにくかったわ。防縮ウールだったからかな。今回のはメリノウールの並糸で、ケバも少なくすごく編みやすい。

 

f:id:nekomcr:20170905213111j:plain

それにしてもランダムに色を決めて編んでくのはなかなかむずかしい。配色ってむずかしい!フチのベージュ&ネイビーを揃えてるから中の部分はランダムなカラフルでいいかなーと思ってたんだけど、それセンスのある人のやる手法だった…と4枚ほど編んで気づく。

 

 

f:id:nekomcr:20170905213122j:plain

なのである程度色数をしぼって色の法則を決めて編むことに。うむ、なかなかかわいい。

 

f:id:nekomcr:20170905213103j:plain

これ右が最初に編んだやつで、左が5枚目。大きさが全然ちがくなってびっくりした。最初はわりときちっと編んでたのよね。今は長編みが同じ長さになるように気をつけて編んで、とりあえずなんとなくは大きさは揃うようになってきた。形はいびつだけど、つないだ時になんとかごまかせる程度だと良いけど。

かぎ針

じわじわと始めたかったかぎ針編みをはじめる。

きっかけは、住住でにかいどうふみちゃんが使っていたカラフルなかぎ針のブランケットがかわいくて欲しいな~と思ったのと、お金と電波のかからない趣味がほしかったのと。はじめてみてわかったのだけど、まあ金はかかるね*1。作りたいものとペースにもよるけど。編み物はかんたんなマフラーとかは作ったことあるけど、ほぼ忘れてる状態。とりあえずむずかしいのは作る気はなくて、モチーフを組み合わせてブランケットとかテーブルクロスとかを作るのが目標。

 

f:id:nekomcr:20170827203530j:plain

色合いは派手だけどこんなかんじのやつ。これはフェリシモの月一で送られてくるやつ。わりとかわいいかぎ針のコースがたくさんあって、最初これにしようと思ってたんだけど、ハマったら集中的にやりたいタイプなので地道に本を買ってやることに。

 

f:id:nekomcr:20170827203217j:plain

週末の成果。お試しで買った三色のウールの毛糸で。なんとなーく編み図が読めて、ひととおりの編み方を理解したところです。規定サイズより今のとこ小さくなってるので、編み方がきついのかなあ。あとこれお試し用でなにに使うわけでもないから、アクリルの安いやつ買っときゃよかったな~とほんのり後悔。あと糸の始末がめんどくて毛糸の色変えるのが思ったよりめんどい。テンション高いうちにいろいろ作っといたほうがいいんだと思うわたしの場合。とりあえずは、今後の構想考えて暇があるとかぎ針の本眺める程度にははまってます。

*1:毛糸高い

今月のネイル

 

f:id:nekomcr:20170827125755j:plain

f:id:nekomcr:20170827125801j:plain

うーん親指のシルバーが浮いてるな…たぶん黒にしたほうがまとまり良かったんだろうけど、親指が真っ黒ってなんか浮いちゃう気がしたのよね。結果シルバーのが浮いてた。まあこのネイル寿命が短そうだから(ベージュの持ちが悪い)いいか。

今回は久々にネイルパーツを見てて、コットンパールがかわいいなあと思ってわたしにはめずらしく石使いのネイルにしたのだけど、

f:id:nekomcr:20170827125811j:plain

コットンパールって丸なのね。だからすごい不自然に高さが出てしまうし他の半丸の石との相性もあまり良くない。色合いと質感は好きなのになー。変に目立ってまう。ベージュがベースだからなんとなくTHE・OLになってしまうのもなんだかなあ。

 

業音

f:id:nekomcr:20170827125419j:plain

東京芸術劇場にて、8/24観劇。 

今回は再演で、初演はみてない。当時ファンになりたての頃に読んでいたスズキさんの本に書いてあった内容の舞台を、近年再演してくれることが多くうれしい。ゆるやかだけど長くファンやってるといろいろうれしいことあるなあと思う。

内容は、1人のちょっとだらしない女性がいろいろ巻き込まれたり巻き込んだりしつつ、結果だらしない女性のお話。スズキさんの舞台は人間像が魅力的ってことは正直あんまり感じたことないんだけど、今回はすごく魅力的な主人公だなあと思った。初めて思ったけど、すごくいそうな女性だったのよね。セリフとか状況とかは全然いなそうなんだけど、生き方がわりと普通…うーん、普通では全然ないんだけど、大半の人がもっている、なんとなく生きてる感がすごく出ている方だったので身近な感じはした。紙ちゃんいい女になったなあ。

あと、カーテンコールは演出の都合上ありません!て言ってて、それはそれでまたよしだなあと思った。すごくおもしろい作品だと何度もカーテンコールしちゃいがちなんだけど、最初からない想定でバサッ!と物語のまま終わるのも悪くない。

大人計画の舞台は行き出してからもうわりと長くなってしまったので、今は義務のようにチケット取って行く日を忘れるほど平常心で見に行ってるんだけど、見るとやっぱりテンションあがるしおもしろいし買わないはずのパンフレットを買ってしまう。今回は久々にthe大人計画!て感じの面々が揃ってるのもなんかなつかしい感じがしてよかった。

 

6月7月

さぼってる間に参加したイベントやみた映画など。

 

6/16 「忍 び の 国」噺+落語

初めての落語で初めての談春さん。前半は忍びの写真を見て談春さんが延々おしゃべりをする。相関図とかビジョンで見つつ、1人1人の出演者とのエピソードや印象などをがっつり説明してくれた。さとちゃんのたどたどしいコメントもあり。後半は「紺屋高尾」という演目。落語は小学校のときにまんじゅうこわい的なやつしか見たことなかったので、人の話だけでこんなにがっつりひきつける世界はすごいなあと単純に思った。だって1時間ぐらい1人だけでしゃべって、江戸の話だからちょいちょい意味わかんないとこもあるんだけどおもしろいしちゃんと続きも気になるんだもん。赤めだかを見てからちゃんと談春さんの落語を見て見たかったからがっつりしたの見れてよかった。

 

6/17 見たい!ラジオ

バカリズム今田耕司がラジオのようにただただしゃべるイベント。ほんとにラジオを放送してるみたいに時間ぴったりにはじまりタイトルコールとかもありつつ時間ぴったりに終わる。これがものすごーくおもしろかった!たぶん今年一おもしろかった。リズムくんがずっと後頭部しか見えなかったけどそんなの全然マイナスにならなかった。これがあらしだったらえらいことです。元々お笑いは好きなんだけど、ネタよりもフリートークのが好きなので好きな人達が目的もなくただただしゃべるイベントなんてわたし得だろう!という気持ちしかないです。あらしで例えたらあらしがただ5人だけで2時間誰にも邪魔されず延々しゃべるイベントです。どうだすごいだろう!内容はまあネットで書くな的な内容なんだけど、ラジオ特有のダラダラした感じもあって最高だったなー。テレビとかもそうなんだけど、シンプルにただしゃべるだけの番組とかやってほしいんだけどな。そうなるとラジオになっちゃうのか。じゃあみんなラジオやればいいじゃないか。好きな人みんなにラジオやってほしいの世界。

 

7/1 忍 びの 国

忍者の人達がわりとコミカルに人でなしなんだけど、後半急に全然コミカルじゃなくなっちゃったからびっくりした。実はわりと急だな!と思うことが多かったんだけど、それはわたしの感受性が低いんだろうなーと隣で号泣してる子見て思った。さとみとのシーンがおもしろかったのと、知念くんがすごいかわいそうでかわいかったです。舞台挨拶がすごく和気藹々としていい空気だったのがよかった。あとこれは自分の問題なんだけど、あらしの子がもう演技ごとやってもあらしの子にしか見えなくなってきちゃってるので、ちょっと客観的な評価がむずかしくなってきてる。

 

7/8 ワクワク

セクゾちゃんが良い子だね~て感じのグループだったのでほんわかした空気のおゆうぎ会見てる気分じゃった。あらしもセクゾもよい子だねえ。ワクワクは行くたびにわたしターゲットじゃねえな…て思うので今年で卒業。

 

7/15 銀魂

おもしろいところはものすごくおもしろいしすべってるとこは堂々とすべってる、まあだいたいヨシヒコな映画。たぶん空気感合わなくてずっとつらい時間の人もいると思うけど、おもしろいとこはほんとおもしろいです。わたしは菅田くんの着物がスナップのとこが一番笑った。どつよさんが1人だけボケなしのキャラでずるかった。あと生足な。岡田のまーくんのズラをもうちょっと高性能のやつにしてあげたかった。はしもとかんなちゃんお腹周り意外とふっくらしてるとこもかわいいしかない。

原作は無料キャンペーンで5巻まで読んでみたんだけど、たぶん序盤も序盤だからまだそんなおもしろくないんだろうな…て印象。ギャグが多いから実写化でも笑って許されるのかなーと思ってレビュー見に行ったらやっぱ原作ファンがぼろくそ書いてて笑った。でも映画内でも言ってたけど、原作未読のファンは褒めてくれるから実写化の波とまんないんだろうなあ。悲しいかな実写化は原作ファンのためのものじゃないからね。まあ映画みて漫画も読んでみよう、てわたしみたいなミーハーファンが捕まるから実写化は悪ではないよ*1と言いたい…てこれ暗殺教室のときも思った気が。

 

*1:悪の実写化もあるけど

今月のネイル

f:id:nekomcr:20170515195148j:plain

f:id:nekomcr:20170515195158j:plain

 

装飾はほぼキャンドゥで買ったシール。かわいいかわいいとは聞いてたんだけどほんとにかわいいねえ。でも今回明確なモデルがないからうーんうーんと考えながらやったので、技術的にはなんもむずかしいことしてないんだけどつかれたわ。ひとつひとつのパーツはかわいいんだけど、わりと組み合わせはむずかしい。押し花がちょっと春っぽいかしら~と思ったけど、ベースにクリア使ったからわりと涼しげに出来た気がする。このクリアホワイトもだけど、イエローめっちゃかわいいな。これジェルネイル始めたばっかの時にお友達にもらった色なんだけど、黄緑と黄色の中間色みたいな色で、当時はこれそんな使わないだろうな…て思ってたんだけど今ドストライクにかわいい。寒色が好きなのは相変わらずだけど、微妙に色の好みも変わって行くものなのね。今年の夏はもう少しクリアカラーを増やしたいな。

お仕事のこと

いまの仕事を初めて約1年半、初めて昇給した。単純にお給料が上がったことよりも(今年はボーナス低いから年収的には去年より下がる)、まともな会社で良かったなあという喜びが大きい。けして少なくはない転職の中で、昇給がない会社なんてザラにあったのよ。あと評価してくれる人がまともに社員を見てない、ということはだいたいの会社がそうだったし。わたしにしてはわりと真面目に、ちょっとオーバーワークしつつの1年半だったから、ちゃんと認めてもらえてたんだなあというのが思いのほかものすごくうれしくて、ここにも書き留めるし家族やお友達にも自慢した笑。

会社は生き物なので今後どうなるかなんてわからないけども、少なくともわたしの意志の範疇では長く働けそうで、わたしはラッキーだったなあとすごく思った。若い時なら今の会社やめたいと思っただろう部分もたくさんあるんだけど、転職経験がちゃんと今のお仕事に繋がっていて、自分の求める仕事の条件が転職を繰り返す中で徐々に固まってきた、てのも大きい。今すごく役立ってるスキルも一番嫌だと思ってた会社での経験だしな笑。数年前に今後を見据えてわりと一生懸命積極的に動いて、まあわたしの場合は婚活がメインだったけど、ちゃんと当時いろいろ今後について考えていた時期は無駄になってなかったよ、当時の自分よ安心しろ。

というわけで自分にご褒美を買った。女性は自分にご褒美制度がないと生きていけません。ほんとはずっと某有名インポートブランドの財布を買おうと思ったのだけど、今のわたしではちょっと無理しないと買えない値段なのでやめた。ボーナスも下がったことですし。

f:id:nekomcr:20170514183211j:plain

irose(イロセ)という日本のブランドのお財布。ずっと黒にしようと思ってたけど持ったらだいぶしっくりこなかったのでベージュ。春だしね~。

 

f:id:nekomcr:20170514183547j:plain

これ、外見は度シンプルなんだけど、開けるとカード入れがジャバラになっててものすごく見やすいし使いやすい。小銭がファスナーなしでもOKなとこも楽ちん。しいていうならチケットとか入れるのにマチのないポケットが一個あってもいいなあと思ったけど、次もこれの色違い買おうかなと思うほどには気に入っておる。汚れに気をつけつつ大切に使おう。